2015年04月19日

発表!「スクール☆ウォーズ」のシーンを行動科学の観点から分析します!

※2019年8月21日、更新


こんにちは。

本日は昼から高校生の指導がありました。
着実に成長を彼から感じられました。
このブログのテーマとなっている行動科学を昼間から意識して、
彼に声掛けをしていましたよ♪

「出された課題をすべて終わっていなくても、0.1でも動いたことは評価する」

と彼に言いました。

このブログのために記事を考える=行動科学について学び直せる

と思うと、一石二鳥ですね♪

そんなことが昼から感じていた所で、本題に行きます!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
「叱る」のに役に立つ知恵 
発表!「スクール☆ウォーズ」のシーンを行動科学の観点から分析します!
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

前回まで、行動科学の観点から見ても理想的な叱り方のモデル
として『スクール☆ウォーズ』の話をしました。

『スクール☆ウォーズ』理想的な叱り方
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417529431.html
スクールウォーズ名場面、名台詞全文書き起こし版
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417529509.html

この叱り方について、
さらに分析していきたいと思います。


続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 17:36| Comment(0) | 知恵ある叱る・成敗・苦言など | 更新情報をチェックする