2015年04月21日

「お前のために怒っているんだぞ!」は本当に叱っているのか?




こんばんは。

ついさっきまでスカイプで高校生の指導をしておりました。
その高校生相手にも行動科学の話をする機会がありました。
そしたら、反応が良かったです。

彼は茨城県内のトップ高校に通っていますが、彼でも

「やらないといけないとわかってても、やれないんですよね」

と悩みの声を私に漏らしてくれました。

そんな彼にも少しずつこの行動科学を伝えて解決の糸口に導いてあげたいと思っています。

さて、行動科学を役に立ったという実感を味わいつつ、本題です!


昔、私が幼い子供の時に言われて傷ついた言葉がありました。

幼い私にいろいろな大人にお説教をされ、
その相手にこんな事を言われました。

「お前のためを思って言ってるんだからな!
他の人はお前の事なんてどうでもいいやって思っているから何も言わないでお前から離れて行くぞ!
こうやって怒っているのは、自分がお前の事を思っているからだからな!」


こう言われて小さい子供ながらに、
納得がいかない気持ちがあったのを今でも覚えています。

でも、その理由がはっきりしました、ある本を読んで。

今回は、その理由を話したいと思います。

私と同じ体験をしている人に何かきっかけを与えられたらと思います。

続きを読む
ラベル:叱る
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵ある叱る・成敗・苦言など | 更新情報をチェックする