2015年05月24日

発表!ある中学生のスタンプカードを面白くする面白いアイディア☆

※2019年8月20日


こんばんは。

ここ最近、教え子から行動科学的な発想を学んでいるのを感じています。
私が提唱している時間管理術に関して、高校生の方から

「こうした方がもっといい気がします」

と提案してくれたのです。

それをベースにして私のやり方にアレンジを加えるために、自ら実践中です☆
私が生徒と呼ばない理由を感じています。

昔、聞いてたラジオで

「生徒は”生きて(誰かに)従う”だから、僕はこの言い方は好きじゃない!
僕は学生と言います。学生なら”学ぶことに生きている”となって、生徒より響きがいいから学生と言う言い方をしています。」

といった話を聞いたのです。

でも、年月経ってから振り返ってみると
「生徒」の「徒」

「従う」
は明らかに違う漢字です。

それなので、何と言っていたのか忘れてしまいましたが、
生徒って言い方は好ましくない
という趣旨なのは今でも覚えています。

その影響もあって、
私もなるべく「生徒」と言うのは止めるようにしているんです。

そして私の場合は、
「教え子」
という言い方をしています☆

私が”教え”ることもあれば、逆に私が”教え”られることがある。

そういう意味を込めて私は「教え子」という呼び方を採用しています。

私のちょっとこだわりを話しつつ、
教え子から教えてもらった、
継続のコツについて語りたいと思います♪


続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする