2015年07月29日

発表!ちょっと前に、ある中学生を叱りました。その時の具体的な文章!


◆「叱る」のに役に立つ知恵◆ 
昔、私が小さい子供の時に言われて傷ついた言葉がありました。

幼い私はある人にお説教をされました。
その相手にこんな事を言われました。

「お前のためを思って言ってるんだからな!
他の人はお前の事なんてどうでもいいやって思っているから何も言わないでお前から離れて行くぞ!
こうやって怒っているのは、自分がお前の事を思っているからだからな!」

こう言われて小さい子供ながらに、納得がいかない気持ちがあったのを今でも覚えています。
でも、この違和感を取り除くことができたのがこの1冊です☆




引用開始☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
よく、叱るときにフォローのつもりで

「お前のためを思って言ってるんだぞ」

と言う人がいますが、あれは

「オレは悪者じゃないんだ」
「オレを嫌わないでくれ」

と自分自身をフォローする、自己弁護の言い訳です。

だから、言われた側としては非常に押しつけがましく聞こえます。

叱るときに部下から嫌われることを恐れる必要はありません。人を叱らず、行動の身を叱っている限りは、きらわれたり恨まれたりすることはないのです。

引用終了☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「お前のためを思って言ってるんだぞ」=「オレは悪者じゃないんだ」
「お前のためを思って言ってるんだぞ」=「オレを嫌わないでくれ」


言われた側としては非常に押し付けがましく聞こえます

本当、その通りとしか言いようがないです。

幼い時、私が子供心ながら納得いかないものがずっとあったのもそこにあったのだと改めて納得です!

本当に人の心を胸打つ、説得する叱り方を追求していきたいと思います。

さて、今回は?

続きを読む
ラベル:叱り方
posted by サプライズ家庭教師・logic at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決策「叱る・成敗・苦言などの知恵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

発表!「結果」に楽しみを持ってくることで行動を変えられる!その法則に名前を付けました!


とうとう、このブログ記事数でちょうど100になります☆
100記事になるなんてブログを開始した当初は夢にも思いませんでしたよ。

とうとう開始します!行動科学をベースにしたブログ!
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/416941501.html

この記念すべき100の記事はどんな内容になるか?

さて、本題!


◆コンセプト◆

「ABCモデル」は行動科学マネジメントの基礎理論Dに当たります!

このABCモデルを分析していくことはあらゆる行動の問題解決につながっていきます!

A(Antecedent 先行条件)
人がある行動をとる直前の環境

B(Behavior 行動)
好意、発言、振る舞い
MORSの原則で決めた行動

C(Consequence 結果条件)
行動を受けて行動中や行動後に起こる環境

※結果が次の行動の先行条件となる

例)
A部屋が暑い
Bエアコンのスイッチを入れる
C部屋が涼しくなる

このようにどんな行動にも必ず原因と結果があって、行動を繰り返すのにはCの結果条件において自分にとって嬉しい結果が待っているから。

特に、Cの結果条件が80%以上人を動かす要素が強いので、Cの結果条件に注目する価値があります。

この3段階ステップを分析していく事によって、行動を変えていきましょう☆

さて、今回は?

続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎理論D「ABCモデル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

ドーパミンとABCモデル!嬉しいことを何回も経験すると、行動のきっかけも変わる!


朝から行動科学のネタが閃いて記事を書いております☆

このブログの記事数ももうすぐで100になります☆
この記事で99なので、次回で記念すべき100です!

どんな記事になるか密かに楽しみな私です。

さて、本題!


◆コンセプト◆

「ABCモデル」は行動科学マネジメントの基礎理論Dに当たります!

このABCモデルを分析していくことはあらゆる行動の問題解決につながっていきます!

A(Antecedent 先行条件)
人がある行動をとる直前の環境

B(Behavior 行動)
好意、発言、振る舞い
MORSの原則で決めた行動

C(Consequence 結果条件)
行動を受けて行動中や行動後に起こる環境

※結果が次の行動の先行条件となる

例)
A部屋が暑い
Bエアコンのスイッチを入れる
C部屋が涼しくなる

このようにどんな行動にも必ず原因と結果があって、行動を繰り返すのにはCの結果条件において自分にとって嬉しい結果が待っているから。

特に、Cの結果条件が80%以上人を動かす要素が強いので、Cの結果条件に注目する価値があります。

この3段階ステップを分析していく事によって、行動を変えていきましょう☆

さて、今回は?

続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎理論D「ABCモデル」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

発表!国民的作品「ドラえもん」でも「系統的脱感作」が活用されています!



※2017年5月20日加筆訂正

◆コンセプト◆
行動科学の発想の1つ「系統的脱感作」!

何かをマスターさせたい時に「系統的脱感作」と言う発想を用いるといいと行動科学では解かれています。



引用開始☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

行動科学では、こうした不安や恐怖を克服するのに「脱感作法(だっかんさほう)」と用います。
わかりやすく言うと、「徐々に慣らしていく」方法です。

苦手な行動を回避しようとすることが減少し、行動することが少しずつ平気になっていきます。

脱感作法は臨床心理学の分野で確立された治療法で、正式には「系統的脱感作」と言います。

患者のいだくさまざまな心理的障害を取り除くのに効果を上げており、ビジネスにも非常に役立ちます。

引用終了☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

「系統的脱感作」について深く掘り下げていきたいと思います、このコーナーでは!

さて、今回は?


続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決策「系統的脱感作」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

発表!国民的作品「ドラえもん」から行動科学の生きた事例を紹介する記事を書き途中です。


こんばんは。

今、新しい記事を書いています。

久しぶりに長らく書いていなかった「系統的脱感作」の話を書いています。

日本国民なら知らない人はいないと言っても過言でもない国民的作品「ドラえもん」!

そこに「系統的脱感作」の生きた事例が描かれているのです。

「あのドラえもんに行動科学の要素が詰まっている?
どんな話なんだろ?」

と気になる方もいるかもしれませんが、近々書きあげたら記事にしますのでもうちょっとお待ちください。

ちょっとした予告でした。
ラベル:ドラえもん 予告
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | logicの行動科学な日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする