2015年07月23日

発信!「ゲゲゲの鬼太郎」で勉強に悩まむ子供の気持ちを考える機会にして下さい!

アニメ版・ゲゲゲの鬼太郎(第3シリーズ)を通して、
「勉強なんか嫌いだ!」
と悩む子供の気持ちを知ることができると思います。
家庭教師としても時には
この原点に返る事をしないといけない!
半分以上、自分のために書いた記事です!

この行動科学をテーマにしたブログに
勉強が嫌いな子供を持つ親も読んでくれているので、
こちらにも紹介しておきます☆

続き⇒ http://fanblogs.jp/logic-collabo/archive/239/0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
小中高生、大学受験生の文系科目、記憶術、TOEIC、行動習慣、行動科学など

~コラボレーションの可能性は無限大~
サプライズ家庭教師・logic

HP
http://surpriselogic.iinaa.net/
ツイッター
https://twitter.com/CollaboHunter

☆ブログ一覧★
http://surpriselogic.iinaa.net/blogsns.html

メール
logicreator@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

発見!ドラえもんがのび太に行った竹馬特訓は『系統的脱感作』の生きた事例だった!

※2019年8月20日、更新

◆コンセプト◆
行動科学の発想の1つ「系統的脱感作」!

何かをマスターさせたい時に「系統的脱感作」と言う発想を用いるといいと行動科学では解かれています。





行動科学では、こうした不安や恐怖を克服するのに「脱感作法(だっかんさほう)」と用います。
わかりやすく言うと、「徐々に慣らしていく」方法です。

苦手な行動を回避しようとすることが減少し、行動することが少しずつ平気になっていきます。

脱感作法は臨床心理学の分野で確立された治療法で、正式には「系統的脱感作」と言います。

患者のいだくさまざまな心理的障害を取り除くのに効果を上げており、ビジネスにも非常に役立ちます。



「系統的脱感作」について深く掘り下げていきたいと思います、このコーナーでは!

さて、今回は
「日本人なら知らない人がいない!」
と言っても過言でない国民的作品
『ドラえもん』
に存在していた系統的脱感作の具体事例を案内します☆


続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 徐々に慣れて解決、「系統的脱感作」 | 更新情報をチェックする