2015年08月27日

「勉強の後にゲームと言う楽しみを入れてもゲームの誘惑に負ける!」と悩む高校生の声に応じました!


最近、ある高校生から悩み相談を受けました。

「前に勉強をした後でゲームとか楽しみを持ってくるというCABシフトの話は分かりました。
でも、それでも頭では分かっていてもゲームの方についつい手が出ちゃうんですよね。
どうすればいいんですかね?」

さらにこの高校生から

「学校の先生や前の家庭教師にこの話をしても、”そんな甘えたこと言ってないで頑張るしかないよ!受験生が甘えたことを言うもんじゃないよ!”としか言ってくれませんでした。」

という本音を聞けました。

こんな声にあなたはどう答えますか?


◆趣旨◆
行動科学では人ができない理由はたった2つしかないと説明されています。

続かない理由① やり方がわからない
続かない理由② やり方はわかっているが、「続けるやり方」がわからない

(この定義がいけないという意味ではなく)表現を固定し過ぎると考えが狭くなってしまうと個人的には感じています。
そういう観点で「やれない、続かない」理由をこれ以外の違う表現でも追及している「基礎理論①「人ができない理由」(やれない、続かない理由分析)」のコーナー!

その分析とは逆に、ここでは解決策を打ち出したいと思います☆
石田淳さんからの情報はもちろん、それ以外の情報も積極的に発信していきます。

さて、今回は?


続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 「やれない、続かない」の悩み解決! | 更新情報をチェックする