2015年04月20日

発信!「スクール☆ウォーズ」の名場面から石田淳さんの伝える人格否定の定義について!




こんばんは。

本日は夕方には中学生の指導、夜は高校生の指導でした。
夕方の中学生の指導前に、警察署に行ってきました。

その理由は、犯罪を犯したからではないではないですよ~♪
運転免許証の更新の為です☆
免許更新をしてあっと言う前に、○○年も経ってしまったのですね。

後は講習を受けて新しい免許証を受け取るだけです。
その講習も来月何て先が長いですねぇ~!

まぁ、仕方ないので来月講習を受けてきます☆

さて、本題に行きます!


スクール☆ウォーズの生きた事例を使って、
叱り方について語らせてもらいました。

■関連記事■
スクール☆ウォーズ理想的な叱り方
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417529431.html
スクールウォーズ名台詞全文
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417529509.html
スクールウォーズ、行動科学で分析開始
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417659433.html


前回の記事
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417659433.html
にて、
「人格否定」の定義について話すと言いました。

それを今回、お話したいと思います。



スポンサード・リンク











このシーンのおさらいをしますね。


「お前たち、俺がどうして怒ったのかまだ分からんのか?試合に負けたからじゃない!どうでもいいや!と言うお前たちの心が許せんからだ!」

「お前らがやったことは裏切りだ!いいか!早朝練習に出るお前たちのために、毎朝早く起きてご飯を作ってくれたお母さんたち!汚れたジャージを毎日毎日洗ってくれた山崎君!仕事を休んでまで応援に駆け付けてくれた人々!そういう陰で支えてくれた大勢の人々の信頼を、お前たちは手ひどく踏みにじったんだ!俺はそのことを言っているんだ!」



滝沢賢治の言葉を引っ張ってきます!

「お前たち、俺がどうして怒ったのかまだ分からんのか?試合に負けたからじゃない!どうでもいいや!と言うお前たちの心が許せんからだ!」

このように試合に負けたという結果ではなく、部員の試合に負けてもどうでもいいという行動を叱っている。

さらに、行動を叱っている具体的説明をさらに分からせるように

「お前らがやったことは裏切りだ!いいか!早朝練習に出るお前たちのために、毎朝早く起きてご飯を作ってくれたお母さんたち!汚れたジャージを毎日毎日洗ってくれた山崎君!仕事を休んでまで応援に駆け付けてくれた人々!そういう陰で支えてくれた大勢の人々の信頼を、お前たちは手ひどく踏みにじったんだ!俺はそのことを言っているんだ!」

と訴えています。

どんな行動がいけなかったというのも、部員たちに分かるようにきちんと具体的に説明をしています。

この点からこの「スクール☆ウォーズ」のシーンは行動科学から見ても、
理想とする叱り方のモデルと話したのです。
※詳細
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417659433.html

行動科学でNGにしている「人格否定」の要素が見事にない
と伝えて、話を終えました。

最初にも話した通り、
今回「人格否定」について話します。

先を読む前に
「人格否定とは何か?」
について考えてみてください☆

私が伝える正解そのものを考えるというより、
自分なりの答えでいいですから♪

それと念のため、
「人格否定」の定義は私のオリジナルではなく、
私が尊敬する石田淳さんの考えた定義となります!


スポンサード・リンク







では、答えはこちら☆

抜粋元!


※今じゃ中古しかないのが、残念です。


人格を否定するような言葉を使ってはいけない。
これは部下を指導する上司のみならず、子育てから教育現場まであらゆる場面で必要となる心構えです。

ただし、なにをもって「人格否定」になるのかは、あまり知られていません。

それこそ「お前なんか死んでしまえ!」とか「消えてしまえ!」といった、あからさまな言葉のみを人格否定だと思っている人は多いのではないでしょうか。
わたしの定義する人格否定は、対象がはっきりしています。

・人格否定とは、その人の「変えられないもの」を否定、批判、攻撃すること

自分では「変えられないもの」を批判されると、どこにも逃げ場がなくなってしまいます。たとえば、子供たちは平気で「チビ」とか「ブス」といった言葉を使いますが、これらが他の悪口の何倍も心に深い傷を残すのは、「変えられないもの」を攻撃されているからなのです。そして、職場においては次のような言葉もすべて人格否定につながります。

「なんでこんなこともできないんだ!」
「何度言ったらわかるんだ!」
「いったい何年この仕事をやっているんだ!」
「まだわからないのか!」
「そんな暗い顔をするな!」
「真面目にやれ!」

他にもあげればキリがありませんが、、これらはいずれも「変えられないもの」を攻撃しています。そして行動ではなく「人」の部分を攻撃する言葉です。

たとえば、「なんでこんなこともできないんだ!」と叱られて、なんと答えることができるでしょうか?

このように返事のしようがない言葉は、すべて「変えられないもの」を攻撃する言葉であり、人格否定につながるのだと肝に銘じておきましょう。

また、これはいまさら言うまでもないことが、相手の人間性そのものを攻撃することもいけません。

「だからお前は駄目なんだ!」
「できないくせにでしゃばるな!」
「お前は営業に向いていない」

特に、怒りで感情で高ぶったときにはこうした言葉が出やすくなります。そして怒りの感情が湧きあがるということは、まだまだ「人」の部分に注目していることを意味します。相手の行動だけを見ていたら、怒りはほとんど湧いてきません。



スポンサード・リンク








・人格否定とは、その人の「変えられないもの」を否定、批判、攻撃すること

よくまとまっている!
と私の中で感心させられたのを今でも覚えています!

私自身、怒られて納得いかず相手に恨みの感情が湧いた時、
その相手に
私の「変えられないもの」
を攻撃してたと納得がいきました。

書籍の例ももうちょっと分析してみます。


「なんでこんなこともできないんだ!」

怒られて出来るようにならない、出来るようになるためにはトレーニングが必要!できない→できると今すぐに変えようがない!


「何度言ったらわかるんだ!」

何度言われたって、それだけで変わるなら苦労はしない。今すぐに分かるようにならないし、変えようがない!


「いったい何年この仕事をやっているんだ!」

10年仕事をやっていたとして、10年仕事をしてきた経歴はタイムマシンでも使わない限り変えられない!
それを言われて、どうにかなるものではない。


「まだわからないのか!」

分かるようになるためにはある程度のトレーニングが必要。今すぐわかるようになれって言っても変えようがない。


「そんな暗い顔をするな!」

怒られて、明るい顔などできるわけがない。今すぐ暗い顔を変えようがない!


「真面目にやれ!」

これは時によりけりかもしれませんが、
十分に一生懸命やっている人にこれを言ったらいけませんよね。

真面目に仕事をしてて、へまをしたのにこれ以上どうやって真面目にやれるんだ!
今以上に真面目にやれと言われても、変えようがないです!


スポンサード・リンク









数年前、ツイッター上で私に

「5流大学出身の百姓」
「チビデブ」
「だから、お前は駄目なんだよ」

と誹謗中傷した人物は本当、
「人格否定」に該当しまくりですね。

出身大学は変えられませんし、
自分と対面していないのに

「スクール☆ウォーズ」のシーンでも人格攻撃になる
「相手が変えようがないこと」を理由に
部員たちは叱責していませんからね。

部員たちの試合に負けてもどうでもいいやという行動
その行動が結果的に自分を応援してくれている人の気持ちを踏みにじっている点


を指摘しています。

試合に負けてどうでもいいや
と言う行動は変えることができますからね。

だから、この定義から見ても「スクール☆ウォーズ」のこのシーンは行動科学の観点から見ても問題ないと思うのです。

相手を叱る知恵として何か提供できればと思います。

この名場面をDVDで見たい方はこちらで♪

楽天市場


Amazon


※別途、『スクール☆ウォーズ』DVD案内記事も書くので、
書けたらこちらにも追記します。




スポンサード・リンク



※他ブログなどからこの記事を読みに来た方限定のメッセージ
知ってほしいブログ
http://fanblogs.jp/logic-collabo/archive/3214/0
アメブロ
https://ameblo.jp/logicreator/entry-12515531746.html
mixi
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972800233&owner_id=9360286
の記事からわざわざクリックまでして読んで下さり、ありがとうございました!


スポンサード・リンク





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
小中高生、大学受験生の文系科目、記憶術、TOEIC、行動習慣、行動科学など

~コラボレーションの可能性は無限大~
サプライズ家庭教師・logic

HP
http://surpriselogic.iinaa.net/
ツイッター
https://twitter.com/CollaboHunter

☆ブログ一覧★
http://surpriselogic.iinaa.net/blogsns.html

メール
logicreator@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








ワンクリックよろしく☆

自己啓発 ブログランキングへ
















スポンサード・リンク


posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:46| Comment(0) | 知恵ある叱る・成敗・苦言など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください