2015年04月21日

「お前のために怒っているんだぞ!」は本当に叱っているのか?




こんばんは。

ついさっきまでスカイプで高校生の指導をしておりました。
その高校生相手にも行動科学の話をする機会がありました。
そしたら、反応が良かったです。

彼は茨城県内のトップ高校に通っていますが、彼でも

「やらないといけないとわかってても、やれないんですよね」

と悩みの声を私に漏らしてくれました。

そんな彼にも少しずつこの行動科学を伝えて解決の糸口に導いてあげたいと思っています。

さて、行動科学を役に立ったという実感を味わいつつ、本題です!


昔、私が幼い子供の時に言われて傷ついた言葉がありました。

幼い私にいろいろな大人にお説教をされ、
その相手にこんな事を言われました。

「お前のためを思って言ってるんだからな!
他の人はお前の事なんてどうでもいいやって思っているから何も言わないでお前から離れて行くぞ!
こうやって怒っているのは、自分がお前の事を思っているからだからな!」


こう言われて小さい子供ながらに、
納得がいかない気持ちがあったのを今でも覚えています。

でも、その理由がはっきりしました、ある本を読んで。

今回は、その理由を話したいと思います。

私と同じ体験をしている人に何かきっかけを与えられたらと思います。

スポンサード・リンク









私の中で長年モヤモヤしていたものを
解消してくれた書籍!

楽天市場




Amazon



■石田淳さんとの出会い関連記事■
石田淳さんの本との最初の出会い
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417000438.html
石田淳さんに強く心惹かれた最初のエピソード
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/417000511.html


石田淳さんに影響を受けた
という話を少しずつしています。

「続かないのは根性がないからではない」

と衝撃的なことを伝えていることに驚かされ、
そこから石田淳さんを慕うようになりました。

子供の時から感じていた違和感を払拭するキッカケも
石田淳さんから与えてもらった!

そう考えたら、
自分は石田淳さんの恩恵を受けている
と感じ直します。

その石田淳さんが私の中にあった違和感を
払拭してくれたメッセージ、
それは・・・


スポンサード・リンク








よく、叱るときにフォローのつもりで

「お前のためを思って言ってるんだぞ」

と言う人がいますが、あれは

「オレは悪者じゃないんだ」
「オレを嫌わないでくれ」

と自分自身をフォローする、自己弁護の言い訳です。

だから、言われた側としては非常に押しつけがましく超えます。

叱るときに部下から嫌われることを恐れる必要はありません。人を叱らず、行動の身を叱っている限りは、きらわれたり恨まれたりすることはないのです。



こうやって書き出してみて、
改めてその通りだなぁ
と思います。

「お前のためを思って言ってるんだぞ」=「オレは悪者じゃないんだ」
「お前のためを思って言ってるんだぞ」=「オレを嫌わないでくれ」


は確かに自己弁護の言い訳ですよね。

言われた側としては非常に押し付けがましく聞こえます

その通りとしか言いようがないですね。

幼い時、私が子供心ながら納得いかないものがずっとあったのもそこにあったのだと改めて納得です!

私も教え子を叱責したことがありました。

その時、

「これまで、自分に対して言ってきた”お前のためを思って言ってるんだぞ”と言う言葉を言おうか?」

と一瞬心の中をよぎりました。

でも、すぐに

「いやっ、そんな事を言っている暇なんてない!」

と思い直してその言葉を飲み込みました。

この私の経験からも

「お前のためを思って言ってるんだぞ」

は自分が相手を叱責していることに自信がないことの表れではないか?とも個人的には思います。

そんな恩着せがましい事を言う時点で、真剣に怒っているとはとても思えないですからね。

なので、教え子たちにも

「説教してくる相手が”お前のために言ってるんだぞ!”って言う相手は本物じゃないから!
ましてや、”他の人は誰も言ってくれないぞ!”と言うなら完全に論外だよ!」

といった事をお話しています。

なので、「お前のために怒っているんだぞ」というのはまやかしと思っていいと思いますと話を締めます。

今回は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。




スポンサード・リンク






ラベル:叱る
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 知恵ある叱る・成敗・苦言など | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック