2015年05月31日

勉強中にゲームをやる事を単純に『悪い』と決め付ける必要はないです♪

※2019年9月7日、更新


こんにちは。

本日は昼間から高校生の指導に行っていました。
そこで、このブログのネタになるものが出てきました☆

彼は
「家で一人の時、勉強ができない」
って悩みを持っていることをよく話してくれました。

だから、彼の悩み解決に繋がる話をしたのです。

それをここでも記事にしたくなりました。
その彼に感謝しつつ、本題!


◆趣旨◆
行動科学では人ができない理由はたった2つしかないと説明されています。

続かない理由① やり方がわからない
続かない理由② やり方はわかっているが、「続けるやり方」がわからない

(この定義がいけないという意味ではなく)表現を固定し過ぎると考えが狭くなってしまうと個人的には感じています。
そういう観点で「やれない、続かない」理由をこれ以外の違う表現でも追及している「分析!やれない、続かない理由!」のコーナー!

その原因を分析したら、このコーナーで解決策を打ち出したいと思います☆
基本的には、石田淳さん以外の書籍で打ち出されている話を繰り出していきたいと思っています。


スポンサード・リンク









今回、案内する話はこちらの書籍から☆

Amazon



楽天市場




この関正生さんは英語学習するのにおいて私も同業者として評価をしています。


■関正生さん情報■
公式サイト
http://sekimasao.net/
ツイッター
https://twitter.com/sekimasao
関 正生ブログ 「暗記英語からの解放」
http://ameblo.jp/sekimasao/
関正生(予備校講師)の経歴と授業の評判は?書籍や収入が気になる - ココアのマーチ
https://cocoa-march.com/5595.html


英語を学ぶ人に、
関正生さんの話の書籍は
オススメ
と思っています。

だから、私は教え子にも当然、
関正生さんの書籍をオススメしています。

「英語の達人の関正生?それが行動科学の話とどう関係あるの?」

と思う人もいると思います。

でも、この書籍の中で
行動科学にリンクする話がされているのです☆

その箇所を抜粋します♪


続けるためには、勉強中は徹底的に甘やかすべきです。

多くの人は「くつろぐときは徹底的に快適にする」のに、「勉強のときはやたらつらい状況に自分を置く」ような気がします。

たとえば、DVDはソファでケーキを食べながら見るのに、勉強するときのイスは固くてお尻が痛く、食べたいものもガマンする・・・・・・、これでは、ただでさえつらい勉強がもっとつらくなっちゃいます。

勉強の「途中」で自分にご褒美を出すのもアリです。

普通は勉強が終わったごほうびにケーキを食べるのでしょうが、ボクの場合、勉強中の苦痛を取り除きたいので、ノルマを半分達成した時点でケーキを食べちゃいます。その余韻で残り半分のノルマを乗り切ります。

自分に合った勉強法を見つけることは、ものすごく大事なことなんです。

※「ニンジンぶら下げて頑張る」のではなく、「途中でニンジンを食べて馬力が出る」人もいるはずです。



スポンサード・リンク









この話を最初読んだ時、
関正生さんに親近感が湧いたのを
今でも覚えています☆

関正生さんはTOEICで満点も叩きだすほどの英語の実力者でもあります。

証拠☆



そんなTOEIC満点を出すような関さんにも
そういう人間らしい弱い面があるを知って
親近感を感じたのです。





この関正生さんの話から思い出す事があります。

私が今まで相手してた教え子には色々な人がいました。
その中には、授業中に
ニンテンドーDS、PSP、スマフォなどでゲームをする人もいました。






だけど、私はその教え子たちに

「授業中にゲームをするな!」

と叱責しませんでした。

普通の人なら

「授業中にゲームをしてたら叱らないとダメでしょう!?
あなた、それでもプロ家庭教師なの?」

と思う人もいると思います。

でも、なぜ私は怒ったり、ゲームするのを止めさせないのか?

それは・・・


スポンサード・リンク








彼らは作業の切り替えがよくできているからなんです!

ゲームと言うちょっとした楽しみがあるから勉強を頑張れて、
その余韻で残りの勉強を頑張れる
という好循環があったのです!

それもあって、私はその教え子に

「勉強中はゲームを止めろ!」

と頭ごなしに怒鳴りつけることをしないのです。

図にしてみるとこんな感じです☆


英文を一回読んだら、ゲームをする!

モンスターを一匹倒せたら、又英文を一回読む!

読み終えたら、又ゲームをする!

モンスターをまた1匹倒したら、又英文を一回読む!



この様にいい循環ができているのです☆


誤解無いように言いますが、
ゲームをやって全く勉強に手付かずだとしたら、
それは問題あり
と思っていますから。

前に指導してた中学生に、ゲームをやったらやりっぱなしで勉強を再開しようとしない状態。

それに対して、
私もさすがに

「勉強が再開できないなら、ゲームは止めなさい!」

と強く言いましたから。

私がゲームをやっていいと言うのは、

ゲーム→勉強→ゲーム・・・

といういい循環が生まれた場合に限りですからね、
念のために。



今、こうやってブログを書いていますが、
そこでもまさに好循環が存在しています。

私の場合は横にあるアーモンドが
ケーキやゲーム
に当たりますね☆



一区切りつくところまでブログ記事を書いて、
アーモンドを食べる!

そして、その余韻でブログの続きを書いています☆

ケーキ、ゲーム、アーモンド以外にも
色々と答えはあると思います!

私も引き続き色々と考えてみます!

自分なりの例を是非とも色々と考えてみて下さい☆


スポンサード・リンク









これと似た話を石田淳さんもしています。
こちらの書籍で!

Amazon
紙書籍

電子書籍



楽天市場
紙書籍


電子書籍




ある人は作業に一区切りつくたびにお菓子を口に放り込んでいました。
これはポイントカードを使わない強化です。ところが、その日は時間ぎりぎりの厳しいスケジュールとなり、菓子袋を手にするゆとりもありませんでした。

そこで彼は「お菓子貯金」をすることにしました。
いつもならごほうびとしてお菓子を一つ食べるのですが、その代わりにメモ用紙に正の字をつけていったのです。

時間がない緊急事態でも、この方法なら行動は確実に強化されるでしょう。事実、彼は「正の字をつけるたびに喜びを感じた」と言います。

喜びとはニードとメリットです。本人がニードとメリットを感じることができれば、それは教科として作用しているのです。

すべての作業を終えたとき、彼は正の字の数だけお菓子を食べて心から満足したそうです。



石田淳さんもこの様に似た話をしていているのです。

英語の世界で有名な関正生さんも
行動科学の観点からも理にかなった事をしている
と改めて感じれます☆

英語に興味無い人もこの記事を読んでいるかもしれません。

でも、行動を促進する話として学ぶものがあったと思います。

この話からやれる、続けるためのヒントを掴んでたらと思います。



スポンサード・リンク



※他ブログなどからこの記事を読みに来た方限定のメッセージ
知ってほしいブログ
http://fanblogs.jp/logic-collabo/archive/3220/0
アメブロ
https://ameblo.jp/logicreator/entry-12522357096.html
mixi
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972892831&owner_id=9360286
の記事からわざわざクリックまでして読んで下さり、ありがとうございました!






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
小中高生、大学受験生の文系科目、記憶術、TOEIC、行動習慣、行動科学など

~コラボレーションの可能性は無限大~
サプライズ家庭教師・logic

HP
http://surpriselogic.iinaa.net/
ツイッター
https://twitter.com/CollaboHunter

☆ブログ一覧★
http://surpriselogic.iinaa.net/blogsns.html

メール
logicreator@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








ワンクリックよろしく☆

自己啓発 ブログランキングへ













スポンサード・リンク



posted by サプライズ家庭教師・logic at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 「やれない、続かない」の悩み解決! | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック