2015年06月26日

「チェイニング」の対義語、「逆チェイニング」とは?


こんばんは。

本日、中学生の指導に伺っていました。
改めて、喜ばしい感情になりました!
中学3年生男子くんが英検3級に合格したのです☆
ラインでもメッセージが来たのですが、でも直に本人の口から聞けてやはり嬉しかったです。

そんなことを感じつつ、本題になります。

◆コンセプト◆
行動科学の理論の1つ「チェイニング」!

チェイニングを活用することで色々な問題を解決するのに役に立ちます。

チェイニングとは?



【チェイニング】
ある活動を具体的な行動レベルまで分析!
分析してから、ゴールまで鎖のように1つひとつの行動をつないでいく手法!

例)
お酒を飲むを分析!
(お湯を沸かす、ティファールに水を入れる、焼酎をカップに入れる等)

動画を見て楽しむを分析!
(PCを立ち上げる、youtubeのHPにアクセス、検索キーワードで見たい動画を探す等)

ジュースを飲む
(冷蔵庫からジュースを出す、コップに注ぐ、口につける、喉に入れる等)

そんな訳で今回は…

☆★☆★☆★チェイニングを深掘り☆★☆★☆★

「チォエイニング」の対義語を改めて言及したいと思います。

【逆チェイニング】
ゴールから一連の行動を体験させること!

例)
仕事で契約をもらう時、契約成立のハンコを押す時だけ出番を与える

それに慣れてきたら、「ここにハンコをお願いします」という役目を与える。

さらに慣れてきたら、「契約ありがとうございます」とまで言わせる。


ゴールから逆に行動を考えさせる方法です。

もうちょっとうまくまとめたいのですが、明日朝が早いのでこの辺で止めさせてもらいます。

この「逆チェイニング」は私も色々と応用していきたいと思います☆

今回は以上になります。
お読みいただきありがとうございました。




よかったらワンクリックよろしく☆

自己啓発 ブログランキングへ




スポンサード・リンク













posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決「チェイニング」 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック