2015年09月25日

右脳教育で有名な七田眞さんも「結果だけでなく、行動も評価しましょう」と伝えています




本日、私の元に届いたメルマガを読んでていい名言が見付かったので、記事にしたくなりました☆

◆趣旨◆
行動科学は科学的で誰が、いつ、どこでやっても同じ行動を繰り返せるのを大切にしています。

そういう意味では、その行動科学のコンセプトをこのコーナで100%を満たしているとは言えないのも認めます。

でも、ABCモデルの「A」のキッカケにもなり得る、人が「やりたい、続けたい」と心を揺さぶるきっかけになる名言を発信したくなりました!
(他にも、行動科学的に子供や部下などを教育するのにも役に立つ名言も)

名言を思い出す度に

「少しでも行動しよう!」
「これまでの怠ける自分とさらばしないと!」
「人を教育するのに、古臭い根性論じゃいけない!」

と思い直すきっかけになればと思っています。

さて、今回は?

スポンサード・リンク

脱!三日坊主!あなたも継続力が手に入る「マスターオブ継続力」



私が購読しているメルマガはこちら☆

七田眞の金言 ~365日、七田眞からのメッセージをあなたに~
https://www.shichida.co.jp/kyoiku/magazine/
※下に移動すると見れます

HPから

引用開始☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

子育ては、親自らが成長するための絶好の機会です。

毎朝、朝8時に、七田眞が遺した珠玉の金言をお届けいたします。
金言の解説もついているので、きっと、毎日新しい気づきがあります!

引用終了☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサード・リンク
1回分無料のキャンペーン実施中!右脳・左脳・心を育てる七田式家庭学習システム【 はっぴぃタイム 】の詳細はこちら


子育てをする親御さんにはオススメのメルマガです

私はまだ結婚して子供はいませんが、子供を相手にする仕事をしているので登録して購読させてもらっております。

私の指導方針、学習メソッド開発のヒントになったりと本当、お世話になっているメルマガです。

子育てをしていなくても、部下を抱える上司の立場の方にもオススメしています。
「子供」という箇所を「部下」と置き換えて読むと、上司としてあるべき姿の理想像が見えてくると思っております。

それなので、親御さんや部下を持つ上司の方にオススメです☆

七田眞の金言 ~365日、七田眞からのメッセージをあなたに~
https://www.shichida.co.jp/kyoiku/magazine/
※下に移動すると見れます

本日、2015年9月25日(金)に届いたメルマガが紹介する価値があると思いました。


スポンサード・リンク



引用開始☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

七田眞の金言 vol.117

今日の金言 .:*:.:*:.

努力した結果が60点なのであれば、「がんばって取った60点は100点と同じだよ。よくがんばったね」と、その努力を評価してあげましょう。

解説 .:*:.:*:.

教育とは、知識や技術を教え込むことではなく、子どもが本来持っている優れた能力を引き出すためのものです。

親が子どもに残してあげなくてはならないものは、財産や学歴ではなく、自分の道を切り開いていく知恵や能力です。

そのためには、自分で考えて行動する子、自分の責任を果たすことができる子、努力する子、あきらめず粘り続ける子を育てることです。

努力したことに焦点を当てることが大切です。


・・・*★*・・・*★*・・・*★*・・・

発行人:しちだ・教育研究所
http://shichida.co.jp/kyoiku/

・・・*★*・・・*★*・・・*★*・・・

引用終了☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

スポンサード・リンク



「行動科学マネジメント」では、

結果はもちろん行動も評価をする

というのを大切にしております。

それなので、ここにある

>努力した結果が60点なのであれば、
>「がんばって取った60点は100点と同じだよ。
>よくがんばったね」と、その努力を評価してあげましょう。

というのはまさに、「結果はもちろん、行動も評価をする」の形を変えた表現だと思って、紹介したくなりました。
(「努力」を「行動」と置き換えて読むといいでしょう)

スポンサード・リンク


私も色々な教え子を相手してて、点数しか見ない親を何人か見てきました。

その親相手に私から

「結果だけじゃなく、結果を出すために行動したことも評価してあげて下さい!

そうしないと、結果しか見てくれない親ってことで、子供さんの心に”自分のことを見ていない!”とマイナスの感情が貯まっていきます。

結果だけじゃなく、行動をまずは評価することをして下さい!」

と言ったこともありました。

今、振り返ると私がこういうことを言ってきたのは行動科学マネジメント&石田淳さんはもちろん、七田眞さんの教えも影響受けていたのを感じ直せました。

実際、結果だけじゃなく行動も評価する教育方針の家庭の方が、いい成績を出していることが多かったです。

それなので、相手を評価する時、結果だけじゃなく結果を出すために行動したことも評価しましょう。


よかったらワンクリックよろしく☆

自己啓発 ブログランキングへ
ラベル:七田眞 右脳教育
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | やる気が湧く名言・名文・人生哲学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック