2018年11月13日

発見!遅刻する子供に接するひとつのよき見本!

https://twitter.com/lumCIniNGnBDurw/status/1062348018643492864

極端な話、たとえば、遅刻ばかりする子に「バカモノ!」と言うのではなく、「きょうは昨日より少し早く来れたね、頑張ったね」といったん褒めてあげて、それから対話しつつ諭す、という理路をたどると、子供の海馬は萎縮しなくて済む。

23:14 - 2018年11月13日


https://twitter.com/CollaboHunter/status/1062350613894164480

僕もこの発想に同感です🎵
遅刻してる時に「早く来い」と怒鳴ると交通事故にあって却って損をするという話をある方と最近してたのを思い出します。
行動科学の石田淳さんも共感してくれそうな気がします✴
石田淳さんとメッセンジャーでやり取りしてる立場なので、石田淳さんに報告しにいきます🎵

https://twitter.com/lumCIniNGnBDurw/status/1062348018643492864

23:24 - 2018年11月13日
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: