2017年06月13日

時には厳しく接する理想の一例を、「ダイの大冒険」アバン先生から学びましょう♪



さっき久しぶりにアニメ「ダイの大冒険」(アニメ版)を見てて厳しく接するひとつの理想スタイルを見かけたので書きたくなりました!

ダイとポップの師・アバンの授業を受けている時の会話!


ポップ「バッカだなぁ!おめぇも!さっきから先生が何回も説明してんでしょうが!」
ダイ「それじゃあ、後で教えてよポップ!」

ポップ「えっ、そりゃダメだ!」
ダイ「えっ?」

ポップ「オレは魔法使いだから、別にわかんなくたっていいんです♪」
ダイ「なぁんだ!それじゃポップも先生の話は?」
ポップ「ぜぇんぜぇん!」

「オレは魔法使いだから、別にわかんなくっていい」

「自分の専門分野じゃない事だから学ばなくてもいいや♪」

というお気楽な事、ちょっといい加減さを感じる発言をする人ってポップに限らずいますよね〜!(笑)

それに対して、師のアバン先生の対応は見事だと感じますよ〜♪
(ダイの大冒険を既に読んでいる人には「オチ知っているわ〜!」でしょうけど(笑))

続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決策「叱る・成敗・苦言などの知恵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

ご紹介!割込みをしたモンスターママを笑いながら成敗した見事なおばあちゃん!(『痛快TVスカッとジャパン』より)


※2019年9月20日、更新


おばあちゃんとゲーム 1 (アース・スターコミックス) Kindle版



さっき見ていたテレビ番組で面白い話が紹介されていたので、
書きたくなりました!

前にこんなブログ記事を書きました!
http://logicanabehavior.seesaa.net/article/447157030.html

このブログ記事で
問題行動をしているカツオを見事な知恵でサザエさんが成敗した
という話を紹介させてもらいました♪

このサザエさんがカツオを見事に成敗したのと似た話が
テレビで紹介されていたので、紹介します♪

私が見ていた番組!

痛快TVスカッとジャパン - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/sukattojapan/
痛快TV スカッとジャパン - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/痛快TV_スカッとジャパン




☆エピソード★
お寿司屋さんで行列待ちをしていた一人の女性と娘の小さな女の子がいました。
そんな中で母親(以下、モンスターママ)と小さな男の子がやって来るのです。

その男の子が列に割り込んでモンスターママが
「あらしょうがないわねぇ〜!」
と言いながらちゃっかり割り込んでしまうのです。

それに対して割り込まれた女性が当然、
「割り込みしないで下さい!」
と注意をします!

ところがモンスターママが

「子供のしたことじゃないの〜!
そんな事で目くじら立てなくてもいいじゃない!」

と居直るのです。

そこに一人のおばあちゃんがやってくるのです!

もしも、自分だったら
このモンスターママに対処するか?
を考えてから読んでみると読み応えもあると思います♪


続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決策「叱る・成敗・苦言などの知恵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

ご紹介!サザエさんが問題行動を取るカツオに『問題行動』と自覚させた見事な成敗法♪


※2019年9月20日、更新


さっき、
サザエさんを見ていたら
目から鱗
という思いを味わいました!










サザエさんがカツオの問題行動を
懲らしめるやり方に感銘しました☆

サザエさんのやり方を通して

・時には厳しく接する
・相手の改善点の気づかせる
・問題行動をする愚か者の知恵ある懲らしめ方


を学べると思います☆



続きを読む
posted by サプライズ家庭教師・logic at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決策「叱る・成敗・苦言などの知恵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

ご案内!声優・林原めぐみさんが『自分の事しか考えない愚か者』をペンのチカラで成敗しているエッセイ文♪




林原めぐみさんに

『声優界のジャンヌ・ダルク』

とかつて称号を送っただけあるなぁ!
と感じ直せました!ヽ(*´∀`)ノ

林原めぐみさんが
俺が法律、私が正しい教の人
を見事にペンの力で成敗しているエッセイを
紹介しています☆

林原めぐみさんにそこまで興味がない人も
一読ありだと思います☆

続き⇒ http://fanblogs.jp/logic-collabo/archive/717/0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  
小中高生、大学受験生の文系科目、記憶術、TOEIC、行動習慣、行動科学など

〜コラボレーションの可能性は無限大〜
サプライズ家庭教師・logic

HP
http://surpriselogic.iinaa.net/
ツイッター
https://twitter.com/CollaboHunter

☆ブログ一覧★
http://surpriselogic.iinaa.net/blogsns.html

メール
logicreator@yahoo.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








ワンクリックよろしく☆

自己啓発 ブログランキングへ
















スポンサード・リンク



posted by サプライズ家庭教師・logic at 15:10| Comment(0) | 解決策「叱る・成敗・苦言などの知恵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

叱る知恵のコンセプト!


このコーナーのコンセプトをまとめておきます!

「◆趣旨◆」で書いたことを振り返ってみます!
 
昔、私が小さい子供の時に言われて傷ついた言葉がありました。
幼い私はある人にお説教をされて、その相手にこんな事を言われました。

「お前のためを思って言ってるんだからな!
他の人はお前の事なんてどうでもいいやって思っているから何も言わないでお前から離れて行くぞ!
こうやって怒っているのは、自分がお前の事を思っているからだからな!」

こう言われて幼かった私が納得いかなかったのを今でも覚えています。
そんな違和感を取り除くことができたのがこの1冊のおかげさまです。


引用開始☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
よく、叱るときにフォローのつもりで

「お前のためを思って言ってるんだぞ」

と言う人がいますが、あれは

「オレは悪者じゃないんだ」
「オレを嫌わないでくれ」

と自分自身をフォローする、自己弁護の言い訳です。

だから、言われた側としては非常に押しつけがましく聞こえます。

叱るときに部下から嫌われることを恐れる必要はありません。人を叱らず、行動の身を叱っている限りは、きらわれたり恨まれたりすることはないのです。

引用終了☆★☆☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


「お前のためを思って言ってるんだぞ」=「オレは悪者じゃないんだ」
「お前のためを思って言ってるんだぞ」=「オレを嫌わないでくれ」

言われた側としては非常に押し付けがましく聞こえます

本当、その通りとしか言いようがないです。

私が子供心ながら納得いかなかったのも、そこにあったのだと改めて納得です!

本当に人の心を胸打つ、説得する叱り方を追求していきたいと思います。

posted by サプライズ家庭教師・logic at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 解決策「叱る・成敗・苦言などの知恵」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする